コロナ禍でも転職活動

今までは、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で探していました。

これまで私は、職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、やはり都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのため、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載されているどうしても知名度は低くなりますが、昔から地域密着という点では探しやすい魅力があります。
コロナ禍でも転職活動

新しく就いた職場でそれまでに培ってきた実力を活かせられれば・・

転職した会社でそれまでに培ってきたキャリアを活かせられれば、即戦力として扱われ、割と早く職場にも馴染めるはずです。人を募集している雇い主もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職は簡単に採用されるでしょう。加えてこれまでの働いていた職場と似ている仕事内容なら見込みはおおいにあります。
コロナ禍でも転職活動

やっている転職する活動の際、「自分は振り返るとこういった内…

励んでいる転職する活動時、「かつて、こういった価値のあるの仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、このような技術に磨きを掛けました」と過去の実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしようと考える人は少なくありません。ところが、志願し新しい組織で「将来、こういうような仕事をしたい」「私が触れたような事なら貢献できるはず」と未来の話をして自分を売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。
コロナ禍でも転職活動

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と必ずと言っていいほど質問されます。その際、前の仕事場での「人間関係」「働く環境」に関しての不満を絡めた回答などは、意識してやめておいたほうが良いでしょう。
コロナ禍でも転職活動

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。そ…

ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに先方から面接の日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、指定場所へ行ってみると、なぜなのか全く面接が予定されていませんでした。待たされたのち、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、終始非常にだらしない態度を見せられ、淡々と面接を終えました。
コロナ禍でも転職活動

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を渡された場合、…

転職での面接などの時に面接担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだら、大方は渡すことはないと知っておくと良いですね。面接においては仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一部です。ですから普通一般的には名刺をやりとりする時ではないのです。
コロナ禍でも転職活動

クールビズで再就職の面接に臨む場合、さすがにジャケットまで…

クールビズ(軽装)の服装で転職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでもジャケットは着ていかなくて良いとはっきりとわかるのです。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が間違いありません。ネクタイの着用はなくても大丈夫だと考えている会社もある確率もあるにはあります。ですが、ネクタイだけは例えクールビズであっても必ずつけて行く必要があると思っている企業がいくらかあります。
コロナ禍でも転職活動

楽しみながら再就職ができれば、精神的な負担も少ないの・・

たのしい気持ちでいながら再就職と付き合う事が出来れば、メンタルへの重荷を抑えられるので、転職期間中の堕落も回避できます。おまけにメンタル部分が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。理想的なのは、やはり、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことが大事です。
コロナ禍でも転職活動

転職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な募集内容は…

転職のため仕事探しをするときに注意して欲しい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが非常に多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が併記されているものです。
コロナ禍でも転職活動

転職というものをする場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、…

転職というものについて考えた場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は、とても多くの方のようです。もちろん誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として得るために働いているでしょう。ですから年収の額は自分の社会的な価値を知る値という側面もありますから、当然大切なのは当然ともいえます。