今までは、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で探していました。

以前は、「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまでの私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」を利用していました。その理由は、大きな「転職サイト」は、いつも都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域に根ざした企業もあり、探しやすい魅力があります。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と先入観を持っている方もいるかと思いますが、良い求人もありますのでこの先退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。転職サイトのように大量のニュースレターが来ることもありません。

  • 就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接時には、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みは普通はありません。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

  • 転職したいと考えている会社での会社見学に参加するとかなり参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を間近で見られてワクワクします。でも、「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、いつも通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどの業種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社した後でないと、実際の姿は伺えません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことが賢明です。ましてや、見学の時に仕事体験できる会社はとても危険ですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでない人には万が一トラブルが発生してもそれに対する保証も一切ないので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断ることが大事です。

  • 転職をするにあたって、むろん仕事のやりがいアップと共・・

  • 転職をするならば、言うまでもなくやりがいを考慮することも大事だけど年収のアップも大切なので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ研究をしています。全く同じ会社で加えて同一の職種、経歴であるのにずいぶん人によって幅がある場合も複数あり、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見たことがあるようで「高い収入で書かれているのは、書いた人について誰なのかある程度察しがついてるのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

  • 求人サイトを見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

  • 求人関連の情報を見る場合、デスクワークがしたいからと、製造業に目を通さない人がいます。そうした人には「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしていることが少なくありません。製造業の求人でも、製造マンだけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される役職も相当数あります。けれども、製造業がある場所はビジネス街のような華やかな感じではないのでその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。そうした事には自身の執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方がたくさんの転職情報が掲載されているため、…

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される転職情報がたくさんあるため、関心のある2,3の会社を、サイト登録して、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。とはいっても、初回は登録するのが非常に大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録する初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、後のことを考えれば、最初にきちんと準備することを心がけましょう。

  • 昔は看護婦と言った看護師は仕事として女性比率がとても大・・

  • 看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、どうしても女性のかなり多い職場です。厳しいことに気力それから体力ともにかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。なので、職場の環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事です。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多いのが現状です。看護師という職種の労働市場は看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に困っています。最近は特に、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」であるため、転職の増加を後押しするスパイラルになっています。