実際に結婚活動をしてみると本当に疲れます。

結婚活動をしてみるとわかることですが、どういう訳か、体も心もとても疲れます。

  • 実際に結婚活動をしているとわかることですが、どういう訳か、心身共にかなり疲れます。結婚活動(婚活)をするようになって、恋愛を足がかりに、トラブルもなく結婚出来ている知人や友人たちを見ていると、すごい偉業を成し遂げた人のように思えて仕方ありません。それまでの生活に婚活、というものをプラスしただけでどうして、心身共に疲れるのかなあと改めて考えてみた結果、「あれこれ努力しているのに、理想の男性に出会うことができない」のが最大の理由だとしか思えません。年齢が40代になる直前になっても、婚活をやっていると、相手のほうが若いということもあり常識を知らない人と婚活の場で知り合うこともあります。そういう人と出会うと、ストレスを感じてしまいます。自己紹介をしない人、挨拶もろくにできない人、職業を隠したまま口説いてくる人、常識ある大人なのかと疑ってしまいたくなる人は、相当にイライラします。友人みたいに、当たり前に結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。

    以前、婚活パーティーに参加した際、とある男性と出会いました。

  • 以前、婚活を目的としたパーティーに参加してとある男性と出会いました。ですが、その男性は、仕事を詐称していたことがありました!自己紹介欄に、医師をしていて年収は1,200万、と書いていたのですが、それは全くの嘘でした。当然のことながら、その偽りついて私も含め、知っている人はいません。だから、その婚活パーティーに参加していた結婚する相手の収入面を気にかける女性からは、とても受けが良かったです。そのあと、運良く(その時点ではまだ事実を知りません)私がその男性と気が合い、カップルになれたのですが、仕事の話になると、なんだか相手が話題そらしをしようと必死でした。少しずつ、私も「これはへんだ」と思い始め、「知り合いがあなたの病院に出入りしているけど、その人、あなたを知らないんだけど?」と尋ねてみると(カマをかけてみたのですが)、医師なんかではなく実際はフリーターだったと観念し、白状しました。もちろん一緒にいる価値はないと判断し、そのまま別れました。

    「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と格言のように言われていますが、…

  • 「結婚したいなら、男の胃袋をつかめ」というのは古くからの定説です。そして、これは本当のことです。その理由は、結婚をした場合、普通で考えれば、一つ屋根の下に暮らすわけですが、そうなれば、もちろん、一緒に食事をすることになるので、料理ができて家事を嫌がらない女性が魅力的に映るからです。ですが、「どのような料理が得意ですか?」と質問された際、パスタやカレーライスと返すのはタブーと心得ておきましょう。大抵の男性は、パスタではお腹がいっぱいになりません。また、カレーライスの場合は、調理時間がかかる割に、ありきたりな感じになってしまうので、一から手作り、ぐらいでないと得意料理ですと答えられても男性はガッカリするでしょう。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と聞かれたときに、お勧めのメニューは「親子丼」です。気取った印象もないですし、家庭的でありながら、きれいに仕上げるのが意外に難しい料理でもあります。そのため、日頃から料理をしているんだな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品です。得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?

    付き合っている人はいたのに結婚相手に恵まれなかった私の知人の話しなのです…

  • 独身だった友達が、結婚相談所がキッカケとなり出会い、意気投合した男性と無事にゴールインしました。ですが初めから結婚してもいいと感じた方を紹介してもらえたわけではなかったようです。無事、結婚に至るまでに3,4人ぐらい紹介してもらった経緯があったといいます。そうして、色々と情報交換をしていき相性の良い方と出会えたのだそうです。その後、半年ぐらい付き合って結婚しました。ご主人となったその男性には、結婚相談所を利用したときのローンが若干残っていたそうですが、出会うキッカケでもあったので、喜びつつ、ローンを払っていったと言っていました。コストは掛かりますが、それでも結婚願望がある人にとっては結婚相談所は、選択肢に入れておく価値はあると思っています。

    恋愛を経てから結婚して夫婦になるには、いろんなハードルがつきものです。

  • 恋愛を足掛かりにして結婚、となると乗り越えるべき壁も多く、色々と乗り越えなくてはなりません。具体的には、自分自身と相手との相性問題、生活の違いといった点を不満に思わないかどうかです。相性に関しては、趣味が同じであるとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関して言えば、大切なものは何か、といったことになるかと思います。家庭、お金、友達、物などそれぞれに感じる価値観は人によって違って当たり前です。生活に関しても、細かい部分まで言うと起床や就寝の時間も違って当たり前です。すべてが同じでないと結婚できないわけではありません。そして、似通っている必要もありません。先にも述べたように、容認できるかどうか、です。それより前に、見た目で判断すれば恋愛にすらならないでしょう。言い換えるなら、それらをクリアすれば、婚活の難易度はかなり下がります。いずれにせよ、相手の内面を知らない限りは、結婚には至りません。そんなわけで婚活をされるのなら、人をきちんと見極めることが大きなポイントになっています。人の内面を見る力がある人ほど婚活もかなり楽になるのは間違いありません。

    婚活中に女性に、ぜひ取り入れてほしい色があります。

  • これから結婚活動しようと考えている女性に取り入れてもらいたい色があります。それは、結婚運をあげてくれるピンクです。婚活が目的で行われているイベントのときや普段の生活にも取り入れてみましょう。でも、ピンクにもいろいろあります。ここでいうピンクは、派手な目にきつい感じのピンクとは意味が違うので、注意してください。恋愛運・結婚運の意味合いでピンクを取り入れるなら淡い雰囲気をもつ上品なピンクを上手く使って婚活をしていきましょう。肌のハリや潤いがあり、あなたが、若さを武器にできる女性であれば、ピンクを首回りにあしらえば肌をより生き生きと見せられます。それから、強気な性格持ちに見られやすい女性の場合なら、インナーにピンクを置くと、きつそうなイメージを和らげてくれて、品の良さが無意識のうちに培われるはずです。もしも、ピンクを取り入れることに気乗りしない人は、ハンカチだけ変えてみるのがお勧めです。

    結婚活動(婚活)していこうと考えているのでしたら、その第一歩として、大人の女性とし・・

  • 結婚活動(婚活)しようと考えておられるなら、その第一歩として、できたほうがいいこと、があります。それは、お箸の正しい持ち方と、礼節ある言葉遣いやしぐさです。もし、できていないことがあるのなら、今からでも遅くはないので学んでおきましょう。そのわけはこれらの動作から、どんな環境で成長してきたのか、きちんとマナーを心得ている人間かを知るヒントにもなるわけです。またキレイなしぐさは生涯のパートナーとなったときにも男性側は恥ずかしい思いをせずに済むからです。こういったことから、結婚活動(婚活)において大きな強みになることは間違いありません。ですので、本気で婚活していくつもりであれば、このことをしっかり肝に銘じて行動するようにしてください。ダイエットやメイクなどの外観もかなり大切ですが、それ以上に男性が気にしている部分があることを決して忘れないようにしてください。