やっている転職する活動の際、「自分は振り返るとこういった内…

今やっている転職活動で「これまでこういった職場の仕事に従事してきました…

  • 今励んでいる転職活動で「自分は振り返るとこういう価値のあるの仕事を長く続けてきました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を身につけることができました」と過去の自分の実績などをよく伝わるようにアピールする人は少なくありません。ですが、希望するその場所で「機会があればこういったことをしたい」「これこれの内容の仕事をするのなら貢献できると思う」と未来の姿を話してアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

    失業保険の給付に関して、職を探していることを理解してもらわなければいけません。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。が、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。というワケで、心から仕事探しをしているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は当然ながら必要ですが、その場にて、求人票を閲覧することが最低限やっておきましょう。本気で探す意思がないときには、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が見当たりませんでした」と話して、次の機会を狙いましょう。

    再就職をする際の面接でクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようです。しかし・・

  • 転職の面接での身なりは会社側からクールビズ可とと事前に言われる時もあります。しかし、クールビズで伺うのは良くない印象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを懐に背負いこんでいる方々に進言したいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接時は伝達事項を素直に聞き入れるほうが不安要素がないです。色々考えすぎてしまい、夏の暑い時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズでも大丈夫ですよと事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。

    今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら…

  • 今年中に転職される人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは勤めている企業側がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちに受け取ることが出来たりもします。このとき、「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の直近の給料がもとになって支給する額を計算するので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

    安定した生活を手にするべく正規の社員として働くことを意識している人…

  • 安定性を欲しがって正規社員として働きたいと思っている人は少なくないでしょう。にもかかわらず、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、正規雇用が叶えられないケースも少ないはずです。準社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人以外は気にも留めず時間を空費している人が多いといいます。万が一あなたが、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の求人募集にも目を通してみましょう。会社のなかには、成果によって数年で非正規雇用から正規雇用への転換ができることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを質問しても良いでしょう。

    転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してほしい…

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に覚えていてほしい箇所が数点あります。なんとなく派遣という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような業務をなんとなく思った人がおそらくいるはずです。私もかつてはそう思っていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応がメインです」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に入社してみると、「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    自分のスキルを有効活用しながら、再就職を検討する場合は・・

  • 今の自分のスキルをふまえて転職活動する場合、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくことは大切です。再就職が容易な業界としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」系が最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事のきつさから、異業種へ転職したいと思っているのなら、注意が必要です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。