婚活において、結婚する相手に求める条件としてお金よりも愛情に重きをおいて…

結婚活動(婚活)において、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれ…

  • 結婚活動では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれたら愛情!と言う人もいるかもしれません。しかし、実際、プロフ欄でまず最初に気になるのは顔なんです。次に年収(経済力)、その次に職業。その証拠にブサイクな見た目、はどちらも婚活市場では人気がありませんし、年収が500万円を下回る男性の場合は、会うこともできません。職業について女性の場合ですと、いい年をして家事手伝い、なんて書くと、家計をともに支える気がない、と見られ男性からは結婚相手として除外される可能性があります。といったように結婚活動で重視されることを理解できていないと、まず第一段階である会って話をする段階すら踏めず、失敗ばかり、と最悪なパターンに陥ってしまう事になりかねないです。

  • 結婚活動系のイベント・婚活サイトなどで知り合った異性とするデートで…

  • 婚活で行われるパーティーやネットのサイトなど、活動を通して出会った異性とするデートでは、3回まで、と決めておくのがおすすめです。そのわけは、1度のデートのみでは、相手との相性については正直なところ、確信を持ちにくいためです。万が一、「この人はあんまりタイプじゃないなぁ」と当初思っていても、その次のデートで意気投合する可能性もありますし、その反対となる可能性もあります。なにより、初めてのデートとなるとお互いに緊張していることもあり得るので相手の本質を見ることは難しいでしょう。ただ、あなたが3回目でも「イマイチ」と判断してしまう相手とはいくらデートの回数を重ねたとしたとしても、ふつうは良くなる可能性は無いでしょう。波長の良くない相手と無意味にデートしても、大切な時間を無駄に食ってしまうだけなので、ご縁がなかったと潔く諦め、次にいくのが成功への近道です。

  • 今まで結婚活動サイトなどのネットを通じて接点を持った異性・・

  • 婚活サイトなどのネットを通じて気に入った異性と実際に外で会う約束をしたところ、それまでの雰囲気とは似つかぬ人だった!といった状況は別に珍しいことではありません。婚活サイト内に貼られているプロフィール画像は、男女共に、たいてい実物よりも見た目が良く映っている、という風に思っておいた方が良いです。だって何度も繰り返し撮影していった画像の中のベストなものを選択している場合が大半なので、実物を見て全くの別人に見えるのもしょうがないのです。さらに今は、フォトショップのような画像編集ソフトが誰でも使えます。なので、婚活サイトなどネットを介して魅力的な異性を探されるのなら、相手の実際の姿は、プロフ写真よりも3割ほど低い姿を念頭に置いておかないとガッカリしてしまいますよ。

  • もしあなたが前向きに、婚活を開始するなら、または、すでに結婚活動中…

  • もしあなたが本気で、結婚活動を始めるなら、もしくは、すでに結婚活動中でチャンスを逃すことなく円滑に進めたいのなら、結婚活動にかかる費用を徹底することを考えておかなければなりません。というのも、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう、ことになりかねないからです。誰でもそうですが、お金の心配がないとき、というのは、これから先の経済状況については、あんまり考えたりしないものです。けれども、イザという時に心配しなくていいように貯えておくべきです。気に入った相手と出会えたとしても交際費が出せなくなってしまうと、困りますよね。それに、交際費がない、ということが相手に知れたら浪費家なんだ、と経済的な面での信用してもらえず、ガッカリされてしまうかもしれません。そんなことになってしまえば、結果的としてもしかするとうまくいっていたかもしれない婚活をダメにしてしまうのです。従って、そのような事態がないように、交際費だけは必ず残しておくこと、がとても大切なんです。30,000円程度は財布に残るように徹底して生活してみましょう。

  • もし真剣に結婚活動に打ち込んでいて、できるだけすぐ・・

  • もし本気で婚活に打ち込んでいて、できる限りすぐに結婚する相手を見つけ結婚してしまいたい、という風に思っているのなら、相手もあなたと似たようなはやく結婚したいという人を見つける必要があります。ご存知かどうかわかりませんが婚活でやっているパーティーの参加者は、本気で相手を探している人だけでなく、気軽に恋愛をしてみたいと思っている人・とりあえず婚活を始めてみた、という人など、さまざまな人がそれぞれの目的を持って参加しています。まず、あなたと同じくらいに真剣に婚活している人と知り合いたいなら、一人で参加している人を参加者の中から見つけてアピールしていきましょう。どうしてかというと、婚活パーティーでひとりで来ている人というのは、友人と一緒に参加している人と比べると、いくぶんか結婚したいという気持ちが強めの人が大多数だからです。

  • 婚活のための色々なイベントに何度か参加して気づいたことです・・

  • 婚活が目的のパーティーに何回も参加してみてわかったのですが、婚活でするパーティーに参加する場合は、露出の少ないファッションが有利です。私もパーティーに参加し始めた当初は、脚を強調した短めのスカートや、胸が目立つ服、背中がはっきり見える服など、どのイベントのときも露出が多めのファッションを着ていました。そんなファッションのほうが男性へのアピールになる、と想像していたのですが、それは逆効果だと仲の良い男友達に忠告され、ハッとしました。男性の大半が、本気で結婚相手を選ぶ際、清楚で控えめな感じを求めるので、露出が多い女性は対象外になりやすいのだそうです。その言葉の通りに清潔感のある清楚系ファッションでイベントに臨んだところ、男性とのコミュニケーションがかなり良くなりました。

  • 真剣な気持ちで婚活をしていくつもりであれば、アルコールには十分注意しましょう。

  • 真剣な気持ちで婚活をしていくつもりなら、お酒には注意しておきましょう。とくに、お酒を飲むことで性格が豹変してしまうような人は、要注意です。実際、飲んでないときは優しくていい人なのにお酒を飲むと横暴になったり態度が変わる人もいます。ここ最近ですと、女性でも男性と同じくらい飲酒する方もめずらしくないので、せっかくパートナーを良い仲になっても、お酒が原因で関係が崩れないように飲むペースはよく考えておきましょうとは言っても、飲酒がなかなか止められない場合は、あなたと同じように、お酒が好きな異性との出会いを考えるか、もしくは、結婚を優先するためと腹をくくり、思い切って断酒することも良いと思います。