転職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な募集内容は…

就職活動する場合に注意して欲しい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く…

  • 就職活動中に特に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような求人内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが非常に多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間・45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料に残業代を入れておく、といったことです。(違法ではありません)例えば『みなし残業代35時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。しかし、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』を記載していない場合もあるので、よく注意をしておきましょう。
  • 再就職を考える場合、全てがうまく進行する確証はどこにもありません。

  • 転職を目指そうとしても、すべての人が満足いく成果をあげられる確証はありません。できればいずれにしろ転職をしなくてはならないなら歳の若いうちに出来るだけ早く考えておいたほうが良いです。平均としてみると、30代前半までは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に達してしまうと転職というのはとても厳しいといえます。役職をすでに担当しているのなら、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社にとどまることも選択肢に残しておくべきです。退職後に転職活動を始めるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、時間をかけてじっくり探すほうが後悔することもありません。
  • 『転職したい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

  • 『転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるなら、即、上司にその旨を伝えておきましょう。相談という形で話せば状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的にはなぜか退職が認められたのは同年の11月です。予定としては、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、思うようにはいきませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常に心の底から呆れてしまいました。
  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。「特許」を出した経験のある人は、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を提出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングっぽい連絡があったときには、そのキッカケを考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する業者もありますが、その手の業者は例外なく嘘であるので注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 転業したいなら、こまめに多様な企業の情報を定期的にチェックすることが・・

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多様な企業の採用情報を普段から調べたり比較したりしておくと転業先を選びやすくなります。現在の仕事に何かしらの不満がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どの企業も魅力的です。そんな状況下では、どこを選択するべきか、迷いが出てしまい選択をしくじりかねません。その結果、最終的には早々に不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」も要チェックです。透明性ある会社は、取引先情報を開示していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。
  • 仕事を変えると、だいたいの場合は前職はたいていは美化された記憶となります。

  • 転職すると、だいたいの場合は前の会社の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。今の仕事が問題点があるから、良い方向に進みたいとやっと退職を決め、転職したはずなのに、昔を思い返すとなぜか新しい会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じることが増えてきます。というのも至って普通で、前の職では日々の日々の仕事の手順に慣れていて、今よりもわけなくやるべき仕事が淡々とできていたのも一番の根底にあるはずです。とはいえ「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、前の仕事の方が待遇や報酬が良い可能性もあるはずです。
  • 転職の際に行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、…

  • 再就職の際の面接は、中堅企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外のケースもあるはずです。実際に今後共に仕事をする現場の一番偉い人、わかりやすく言うと中間管理職である部長や課長が面接を担当する可能性もあります。中でも事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格を通じた人の判断をするのが難しいですから、きちんと自身をアピールしていくことがとても重要になります。面接担当者たちから「この人はハッキリ自己アピールできるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。