転職というものをする場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、…

転職というものをしようと考えたとき、転職先での自分の給与について気にする…

  • 転職を考える際、転職したあとの自分の給与について気にする人がけっこう多くいるようです。もちろん大部分の方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をもらうために働いているでしょう。年収の額は自分自身の仕事に対する評価という見方もできるから、大切なものであることは当然ではあります。それにしてもあまりに年収の額に異常にこだわりすぎる生き方というのもさみしい気がします。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることが少なくないからです。

    転職活動で「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

  • 転職活動をしている際に、必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもOKですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。給料に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、この会社に入社してこんな貢献をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話題を変えてしまいましょう。

    派遣会社に会員登録して働く人が近時は増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が規制緩和以来、増加しています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを極力面接のときに確認しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、ときには、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもあるのです。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できる限り違う派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

    転職を成功させたいのなら、行動する前に行動しなくてはいけません。

  • 良い転職する先を見つけるためには、事前に情報収集をしておきましょう。そうしようと思うのなら近頃は企業の名前を知られていない小さな会社でもHPで宣伝しているところがたいていなので、インターネットで自分が知りたい情報を調べておくとまたその企業についてよくわからない点などを整理しておくと転職時に助かります。それと公式サイト以外にも「転職サイト」にログインするのも対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、転職を考えている希望の職場を自分の目で判断してみるのも良いと思います。

    転職の面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。

  • 転職の採用面接を受けに転職したい会社へ伺ったときのことです。その会社の会議室や応接室が空きがないとのことで会社外部で会社の人と待ち合わせて採用面接をし、そのまま解散して、面接官も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。なので電車の中においても彼とずっと話しながら帰ることになって、その結果緊張が解け面接より話が弾み、それが功を奏したのか運良く採用を掴み取ることができました。

    新卒後最初に働いた会社でパワハラを行う上司に頭を抱え…

  • 新卒で採用された会社でパワハラを行う上司に神経を削られ、耐えることができなくなり退職し、同業者である他の企業へ行くことにしました。居心地よく働くことができ満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて業績が落ち込んで、結局はある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその経営統合した先の会社がなんと前にいた会社で、非常に嫌いだった上司が再び私の上司となることに。本当に縁があります。当然ながら新たな転職先を探す活動をスタートしています。

    今からでも転職活動を考えているのなら、直近の職場や仕…

  • そろそろ転職することを考えているのなら、現在の職場や仕事の何が気に入らないのかをハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。しかし「ちゃんと存在する業務の満足できないことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は防ぐ事が可能です。