転職のための活動をしているときは、最初に常に自分の心のうち…

転職活動を成功させるには、最初に必ず自分自身の内・・

  • 転職をする活動を成功させるには、最初に常に心が落ち着いているということを大切にしたいものです。まだ辞めないで転職のための活動では、それほどは気にする必要はありませんが、退職後に行う場合には焦りが出てしまいます。ですので、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そして、実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、徹底的に見極めていきましょう。しっかり考えることで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • 将来、転職したいと考えているなら、事前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もし転職するのなら、あらかじめ考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、在職中に資格取得しておけば、転職活動の際には有効活用することができますから、転職できる企業がグッと増えます。ですから、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストな時期といえます。未来を考え、このあと役立つ資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。それに加えて、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で即戦力になる人材だと判断され、今までより待遇も良くなる可能性があります。

  • この話は兄の知り合いの話です。

  • こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。新卒採用でなにがなんでも就職したかった最終目標であるA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、ですから不本意ながら他の会社に入りました。そのあと1年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中でたまたまA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなりその時働いていた会社をすぐさま退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、やったな、と思った行動です。真面目に頑張ってその後なんとかA社で正社員登用され、現在ではやりがいを感じつついきいきと勤務しています。

  • 私が求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても様々あってたいていの場合、納得のいく対応をしてくれない方ばっかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと真剣に向き合ってほしいという考えがこみあげてきてしまいました。それが理由で自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーの資格取得のためには費用もかかりましたし勉強においてもかなり大変でしたが、求職中の方から信頼してもらえる人間になるべく頑張っています。

  • 友人・知人による紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。しかし、転職した先の労働環境、あるいは労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミ情報を判断するのはあまり問題になることが多いです。なぜなら、主観が強調されてしまい、主観が入ってしまうからです。それ故に知人にしたら今よりずっとベターな働く場所だったとしても、自分の主観で見た場合、イライラするだけの可能性なのかもしれません。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、自分の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツのカラーについて…

  • 転職の時の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の人たちが就職活動の時に身に付けているカラーが基本です。ということは、黒とか紺色のダークな感じのカラーになるわけです。それは再就職の場面においても、スーツの色は新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的多数であって、黒や紺以外の色の人はあまり見ることはありません。あえて言えば、たまにグレーを着用している方が若干いるくらいです。一般的には紺や黒がほとんどを占めているので、面接を行う人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく見えます。ですから、第一印象という観点ではおすすめです。

  • 在職期間にあるときは、可能であれば、周りの人に気づかれないよう…

  • 雇用期間中は、できるだけ周囲に悟られないよう、(私の経験談ですが)雇用期間中に転業する気持ちのみを早期に社内で仄めかして反応を見ました。とはいうものの、その後転職情報を探してみたものの、結局働き先のあても転職するタイミングさえも何一つ進めていたので、ダラダラ時間がムダになるだけでした。そして会社のほうは、業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。