派遣として働いています。派遣法とか労働契約法の関連で…

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関…

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念なことに長く働いた就業先での仕事があとわずかで終了します。仲間の派遣社員の中には派遣先の企業から正規社員のポジションをゲットした人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけると仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらいがうまい方でお引き立てがあったよう。職務を遂行する能力よりもおじさん転がしスキルの方が大事なのかなーと選考に漏れた派遣仲間の友人と職場で毎日文句を言ってます。
  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の場合はまともな会社では…

  • 求人関連の情報では、とうぜんたいていの企業では月の給与がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの月収の部分を見る時には、深く確認する事が大事です。額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。実はもしかすると、月収の額の中に「毎月15時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあります。ですから、こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。
  • はじめて「失業保険」を受けるとき、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている・・

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。現実には、失業保険をきちんと受け続けるためには、求職活動を行っていなければならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期でスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。残念ながら、真剣に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を避けている場合は、当然問答無用で給付が見送られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるので気をつけておきましょう。
  • 再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

  • 転職する前には、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、意地悪される可能性もあります。時には、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。上記のトラブルを回避するために、いまの職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、最高の形で仕事を辞められるはずです。また、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後、相談ができるチャンスにも恵まれるはずです。業界や規模に関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。
  • どうもパソコンで調べればインターネット上では、「転職サイト」に類するもの・・

  • 世の中は変わっていてスマートフォンは便利でインターネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」に類するものが多くて困るくらい存在します。その数限りないサイトから自分が求めている転職先というのを見いだすにはまず、情報を集めることです。こんな転職サイトを上手く使うことで、効率的に転職が実現します。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。
  • 転職を行うにあたっては、あらかじめ、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットな…

  • 転職をするにあたってはまず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するでしょう。しかし、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す特徴があります。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。その類の会社情報や社員のインタビューについては、すべてを事実だと考えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後はイチャモンをつけて退社させないように謀略を練っています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。
  • 転職を行う際、今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません・・

  • 転職する際、今働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、自分から退職届を書いて会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、失業保険は即座に給付されるのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークの担当スタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのち即座に失業保険を受けとることができます。