転職活動は、希望している企業そのものより、正確には「担当面接官」と・・

転職のための活動は希望先転職先の会社企業というよ…

転職活動では、希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえます。面接で成果を出すためにも、ゼッタイに面接だからといって平常心で対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをするような意識で向かうと良いと思います。更に大事なことは面接を介して最も最初にあなた自身の「人間性」をチェックしてもらうので悪い評価になるような態度は気をつけてやめましょう。そして常識的な社会人らしい綺麗に整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」がとても身近なものになってきました。しかし、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に転職したいなら、タイミングを図る必要があります。必ずや今やっている職場、仕事について具体的に、納得できていないと感じることを約10項目リストアップしてみてください。この作業が、再就職に役立ちます。そして、もし決断したらためらうことなく、今より良い職を手に入れるべくがんばりましょう。

もしあなたが、とらばーゆを決めたのなら、周りの人間…

もしもあなたが、現職からの転職を決断したなら、徹底的に周りにひそかにそれを告げずに活動していき、転職先が決まっていない間は、あくまでも周囲に知られないようにいつもと同じように業務をこなしていくのが賢明です。その点を認識していれば、希望通りの希望に沿った働き先がすんなり見付けることができなくても、転身を持ち越しながら、現在の仕事をそれまで通りに残っても何も問題ありません。でも思わず「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、周りはその言葉に合わせて対応し出します。そればかりでなく社内の人間に「辞めるつもりです」と言った場合、周囲には「あの人はもうじき辞める」と広まります。そうなってから「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りは「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍中ずっと、肩身の狭いと感じるおそれもあります。

現在は、株・不動産投資などといった不労所得を得た…

今の時代は株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり、独立や起業を目指す人も増えています。そういった変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長期にはどうなるかわからない自営業という生き方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。そのため人が生きていくうえで正しい道として、またそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」と表現します。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

全くの未経験の業種などに転職したいと考えている場合には、…

全く経験したことのない分野とかに転職を行う際は、自分が前の職場で養われた能力や経験が生きるという内容のアピールがいるようになります。初めて挑む人はその分だけその業種で経験してきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自分自身が保持している能力がそのジャンルでも十分に生きるということをうまく相手に話すことができれば、勝負になる場合も考えられます。そのような訳で、未経験である業界に挑む際には、その業種と自分がこれまでやってきた職務内容とのつながりをできる限り探しましょう。

今までの私は、職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」を利用していました。

今まで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大抵の転職サイトは、いつも都心部にある企業の求人がほとんどだからです。なので、転職活動をする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。求人募集をしている企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「どんな求人があるかわからない」と先入観を持っている方も多数いるかもしれません。思いもよらず、良い求人もそこそこ掲載されているので近いうちに勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークに1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトのように大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。面接において、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、年収300万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性は極めて小さいです。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。