再就職の時にする面接での身なりはクールビズで良いとと書いてある場合もあるようです。しかし…

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てくださいと…

再就職の面接において会社側からクールビズでお越しくださいと言われることがあります。ですが、クールビズで伺うのは本当は良くないのでは?と思いがちです。クールビズに関する不安を懐に背負いこんでいる人に伝えたいのは、クールビズOKだと言われた面接については言われた内容を素直に聞き入れるほうが正しいです。疑心暗鬼になり、明らかに暑い時期にスーツをびしっと着ると面接担当者に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで良いと書かれていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

これから転職活動をしていく人で、次までの仕事にまだ期間がある方・・

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうならできれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは現在の会社でもし「雇用保険」を払っているのなら、必ずだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐにもらえる場合もあります。なお、「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の近々の給料を軸に失業手当の金額を算出されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

より安定した生活基盤を願って正規社員として働きたいと思っている…

安定的な暮らしを手に入れるべく正規の社員として働こうと思っている人はかなりいます。ですが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに中々正社員としての転職活動が叶わないケースも少なくはいはずです。契約社員や派遣社員の求人があっても、正規雇用の求人募集以外はそっちのけで落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。万一中々正社員としての転職が難しいのなら、準社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員を募集している会社であっても、成果によって2,3年で正規雇用への転換を狙えることもあるんです。ですから面接時に「正社員登用」の有無を聞いておけば将来設計も組みやすくなります。

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほしい点が複数あります。まず派遣というと、電話対応、その他雑用等をのような仕事を連想する人が多々ありますよね。実はかく言う私もそう勘違いしていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「担当する業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ですが、実際に働き始めると、抜けた正社員さんの穴埋め業務を指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に参っています。今は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

自分のスキルを有効活用しつつ、転職活動したいと思っているなら、…

自身のスキルや資格を活かして転職する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。転職がしやすい業界としては、慢性的に人手が足りない医療や介護系の仕事が代表でしょう。医療・介護は、看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、容易に考えないことが重要です。異業種への転職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

再就職先でそれまでに培ってきた実力を活かせられれば・・

新しく就いた勤め先でそれまでの能力を活かせられれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐ職場内に自分の居場所ができ、それはつまり会社サイドしても、そのような人材は常に必要なので、時期さえあえば、難なく事が運ぶでしょう。更に過去の業務内容と同じような業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。とはいえ、ある程度の能力があるといっても大手の事務仕事や、公務員は時代や景気に左右されることなくかなりの競争率となることを覚悟しておきましょう。

私は20代で転職を2回経験し、現在は資格取得のため、…

20代の時点で転職を2回し、そして今、資格を手に入れたいので派遣社員になりました。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は安いのですが、ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると自分もああなりたかったと思います。これまでの私は、成功している人と自分との違いに落ち込むこともありました。現在は結婚し、随分と生活そのものが大きく変化し、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、しあわせな生活を送れるようになりました。