転職をする場合、重要となるのが間違いなく「面接」です。

再就職をするときに比較的要となるのが「面接」なのは間違いありません。

再就職において、とても重視されるのが「面接」である。大半、面接の場合は面接官が当人に対して転職を決意した経緯など色々なことを質問されると思います。そして必ず、面接の終了間際に今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問点などを質問できます。面接担当の人から「弊社に関して何か質問しておきたいことはありませんか?」と。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、アタフタしてしまうかもしれません。こんな場面に備えて、前もって面接担当者からの問いに際し、(あなたからの質問を)考えておくのがベストです。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

転職活動をしているなら、気になった求人(もしくは業界…

将来転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは業界)を見付けるたびにきちんと「〇〇業、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナスとなる面は、知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索を活用することで瞬時におおまかな実態を理解できます。そういう現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとで入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」といったケースが少なくないため、気になった案件について、注意したほうが賢明です。

これはシフト制の仕事に関する話なのですが、特定の曜…

「シフト制」の業務についてです。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については前もって確認しておくべきです。私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと「よく耐えた」と自分でも驚きです。

将来的に、短絡的な仕事は機械化によって結果的にそういう仕事をす・・

私たちの社会的環境において、近い将来着実に考えなくてもできる労働は機械に差し替えられていきその切り替えによってそういう仕事をする人手は少なからず縮小させられてしまいます。その理由は、シンプルな労働は人の手を借りるよりも機械でやったほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっと反復したりすることは機械には何の苦もありません。人と違って文句は言わないし、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。加えて、人と違って「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような理由から、労働力として人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械に置き代わるのも無理はありません。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について…

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理による現内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間でも今までにない変化が増加しつつあります。その変化を受け、民間企業サイドでも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」がクローズアップされています。ちなみに「外国人労働者」の割合を現状以上に高めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

再就職における面接などに関して担当者に名刺を手渡されたら・・

再就職での面接などの時に名刺を渡してきた場合、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に迷った際は、たいていは差し出す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。面接は仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動の一環なわけですから、一般的に名刺を交換する時ではないのです。そのうえ、会社の人としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえに、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては名刺をもらうだけでよくて、担当者に相手に渡す責任はまったくないと判断できるのです。

再就職で面接で行くと必ずと言っていいほど尋ねられる…

転職の面接で決まっているかのように質問されるのは辞めたのかということですが、この質問に回答する場合には辞めた会社を話題にしないほうが良いです。会社を退職した理由を的に絞り話が進むとどうしても悪い面を取り込んだ話になってしまいますから。ポイントとしては、どうして以前働いていた会社を退職したかという点をこちらの会社に必ず入りたい理由があったからといった内容にしたら良いということで、今、自分が面接している会社に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであればマイナス面を隠し好印象の退職理由に聞こえます。