転職期間中は、自身の趣味に没頭したり、体力を損なわない生…

転職先を探している期間中は、自身の趣味に没頭した・・

転職期間中は、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を損なわない生活が良いと思います。勤務先が見つかり、仕事復帰した時に、趣味に打ち込んでいたことによって無意識の間に集中する力が上がります。加えて、体力アップしていることで一緒に働く人たち以上にスタミナがあるということを自ずと認識することができます。ということで、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをしておくのがおすすめです。このあと、その職場のなかであなたと同じ趣味の人と知り合えたのなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

新卒採用で入社しましたが、転職を決意しました。

新卒採用で入社した会社を辞め、転職した経験があります。はじめは相当に悩み、辛い気持ちでした。会社を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職活動で学び、自然と気が楽になりました。1回でも転職をするとなにか肩の荷が下りたような感覚になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが嬉しくなっていきました。いまだ「続けてこそ意味がある」といった意見も根強くありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の人生においては転職を決断してよかったと心の底から思っています。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡が執拗に入ります。そのため何も知らずに利用しはじめた人はかなりびっくりすることが多いです。転職エージェントは転職を後押しすることが目的とされるので、とても積極的な姿勢でいます。とりわけ大手のエージェントは成就させると企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職する側の都合より企業側を優先させることが少なくありません。その上彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが多いです。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、妥協した形の転職とならないように気を付けることが必要です。

転職活動の最後の壁として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、現在、所属する会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもありがちなケースです。そのような場合は、負けることなく退職する、という強い気持ちを保つことが大事といえます。たとえ引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきます。その後、決定権のある上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の大事なポイントです。

女性の転職については、今と数年前では若干、違いがあるようです。

女性が転職するに当たって、セクハラが社会問題となっている現代では若干の変化があります。以前は面接のなかで、結婚の予定や出産予定に関して、質問されることがほとんどでした。ところが、今の社会では、そういったデリケートな内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社が増えています。とりわけ大きな会社ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。でも実際、会社側は、〇か×ではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、出産後の細かい予定を把握しておきたいとは思うはずです。自分の人生設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望の動機と並行して伝えることで、相手方にも認識してもらえ、安心できると思うのです。たとえ、聞かれていない箇所についても、こちら側から気を遣って話していくことを考えてみてください。

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接にチャレンジするときには…

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく言い切れます。ですが、ネクタイはしておいた方がイメージが悪くなりません。タイなしで大丈夫だとしている会社も存在するとは思いますが、ネクタイに関してだけはクールビズでも必ず着用して行く必要があると思っている会社がいくつかはあります。ですから、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイは絶対に着用していった方が安心であるということを知っておいてください。

転職候補となる会社の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが…

転職を成功させるための採用面接では、よく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、思いのほか不採用に直結してしまいます。そうなる前に思い切って面接時は、「育休」など、通常であればかなり質問しづらい内容を思い切って尋ねておくと、最終的に絶対に自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると面接で落とされるのではないか」と気になるかもしれませんが、しかしながら、意外なことに、マイナスの結果をもたらすことは結果的には可能性が高いといいます。このような「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、不採用を恐れるあまり、なかなか聞けないものです。それをあなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」と思わせることができます。